ネパールの圧力鍋

ネパールの圧力鍋








こんにちは

梅雨ですね。☂
髪の毛がチリ毛オーラ放つからいやだなあ。











今日はネパール製の圧力鍋を紹介しますっ






こちらネット販売はしておりません。
なぜなら日本にはとてもステキな圧力鍋がたくさんあるから。
あと、圧力鍋はちゃんと説明書を読んで正しい使い方をしないと危ないのでね。





なのでこのネパール製の圧力鍋は在日ネパール人向けに輸入をしてます。







ちなみに私、圧力鍋使ったことありません。
実物を見たこともなかったので(きっとどこかで見てはいたんだろうけど意識してみてなかったから詳しく知らない)、なんとなくの形しか分かりませんでした。



なのでマユールで働いてから見たネパールの圧力鍋が私の中で基準になってたんですが、WEBで圧力鍋を調べたらすごい高機能だし電気圧力鍋とかあるし、、、
ちょっと買いたくなっちゃったじゃないか。







それを知った後にネパールの圧力鍋を見たら、、、

なんてシンプルな圧力鍋なんだ・・・

と、いう感想(笑)







ネパールではダルバートのダルを毎日食べるので圧力鍋は欠かせません。
なので日本にいてもやっぱり母国で使い慣れた鍋が使い勝手がいいんでしょうね、ネパール人にとっては。






そんな、ネパール製圧力鍋を写真で紹介していきますヾ(@⌒ー⌒@)ノ







まず箱!
made in Nepalなのでね、もちろんネパール語表記









中身はこれです
10Lとでかいサイズの圧力鍋です。
よく売れる2Lなどの小さいサイズは在庫がなくて、、、





10Lなのでとてもでかいし重いです(笑)
業務用ですね。
家庭だと使わないサイズです。











お次は蓋


これ、そのまま被せるのでは閉まらないんです。
蓋を横にして鍋の中に入れて閉めます。









取っ手と同じ方向だと中に入りません。







こうやって横にしないと入らない形になってます。

言われないとこれ蓋閉められる人いないんじゃないかな。


私ネパール人に教えてもらわなかったらそのままかぶせるだけでした。
そして閉まらないじゃないか!ってキレるパターンですね。((短気))











蓋の形を見れば分かるんですけど、真ん丸じゃないんですね。
中に入るように縦がちょっとつぶれてます。

こんなのよく見ないとわからないよなあ。










そして、取っ手なんですけど、蓋についてる金具を下の取っ手部分についてるでっぱりにはめるやつなんですけど、これすごい力入れないといけなくて、硬いです。
握力テストするときに握るやつみたいな感じ。

しっかりした作りにはなってますね。








説明書です。
なんて書いてあるのかさっぱり。






イラストの腕に赤いブレスレットをつけてるのがネパールらしいですよね。











これも付いてるんです。
蓋のところのゴムと蓋裏の金具。
ダメになった時に交換する用らしいです。
親切だ。





と、こんな感じです。ネパール製の圧力鍋。



ちなみに私何回かふたを開け閉めしましたが慣れませんでした(笑)
なんか引っかかる(笑)
難しかったです。
ふたはやっぱりぱかっとするタイプが好きです。




ハラルフード店にきっとこの圧力鍋置いてあると思うので気になった方はぜひ実物を見せてもらってくださいね。
きっと使い方も丁寧に教えてくれると思いますよ(*'ω'*)
















でもって、、、、



あ~~~~~イラつくんじゃあああああ。


ヾ(#`Д´#)ノ



すみませんね、少し愚痴らせてください。



私この記事3回書き直しました。




書き途中、いきなりwebが反応しなくなって。

あーーーーまじかよおおおおおおお
「ページを開きなおしました」
はい、白紙。



あ~~~~~~やるせねええ。
頑張って書いたのに!!!!!
何回も変な文ないか読み返しながら書いたのに!!!!
くっそ!!!!
しかも2回とももうすぐ書き終わるってところで!!!





ほんと発狂したくなる。(笑)






こまめに保存しようね。私。うん。